初出勤時に用意していくもの

介護施設で仕事を始めようとすると、覚えなければならない作業が数多くあります。仕事の内容をできるだけ早く覚えるのが、初出勤からの重要な目標です。
そこで助けになるのが、直接指導を行う先輩の存在です。職場で仕事の経験がある先輩が後輩について、仕事のノウハウを指導するスタイルがあります。先輩から指導される仕事の内容は、できれば必要に応じてメモを取るのが適切です。問題であるのは、指導の内容を忘れてしまり、失敗を繰り返してしまう点です。
きちんとメモを取っておかないと、指導内容を全て覚えていられません。仕事ができる人物かどうか、介護施設の先輩たちは初出勤の時からチェックしています。普段からメモをこまめに取る人物は、仕事を覚えるのが早いです。そのため介護施設への初出勤の前には、メモ用紙と筆記具を身につけるのがおすすめです。いざという時にはすぐに取り出せるよう、携帯に便利なものを選びましょう。
特に介護の仕事では、頻繁に体を動かすという事情があります。そのため、できるだけ動きを妨げないコンパクトなメモ帳が適しています。もしメモ帳選びで迷ったら、施設で指導を受ける先輩に相談するのも方法です。職場の先輩は介護のプロであるだけに、この仕事に適したメモ用紙の選び方も心得ています。メモを取る積極的な仕事の姿勢は、周囲の人たちから高い評価が得られやすいです。仕事への意欲が認められると、職場での人間関係の構築がスムーズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です